東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

【会場が変わります!】9月からのモーニングセミナーは、「上野ターミナルホテル」での開催となります。お間違えのないようお越しください!

「倫理を学んで今ある私」

2017.01.10(火)
2017年1月10日(火)の上野倫理法人会では、東京都東都地区長、法人レクチャラーの(有)中央工芸代表取締役会長幸田豊氏をお呼びし、「倫理を学んで今ある私」についての講話をお聞きいたします。

学ぶ「経験を通して知識や知恵を得る(大辞林)」


あけましておめでとうございます。本年も、上野倫理法人会をどうぞよろしくお願いいたします。

2017年1月1日発行の日経ヴェリタスの特集では、「2030年の主役を追え」が見出しです。「ニッポンの難題 勝機に変える」試みを紹介しています。

「空中の狙った位置に立体映像を描く技術の実用化」「月の地表で無人の建機が黙々と人の滞在拠点を作るようにする」「介護分野の低い生産性を技術で引き上げ、豊かな社会を目指す」などは、「社会の問題解決につながれば、お金も流れる」と期待されています。

私たち経営者にとっても、「社会の問題解決」のために技術を役立てるのに、今年も努力していきたいものですね。

これらの技術は、一朝一夕でできるものではありません。2030年に「ようやく」実用化できるよう目指すには、過去の膨大な経験が必要だったはずです。

まずは何が問題なのかを見極め、どんな解決方法があるのかや、解決にどう関われるのかなどを考えるには、「経験を通して知識や知恵を得る」こと、つまり「学ぶ」ことが不可欠でしょう。

2017年に2030年の目標を立てるとは、今から13年後に、より多くを「学んだ」結果が出ることだと考えられます。これまでの経験を生かし、自分にしかできない得意なことを活用しながら、社会貢献を進めるのが、経営者の役目とも言えそうです。

さて、来週の幸田豊氏の「倫理を学んで今ある私」からは、新年にふさわしい「経験を通した知識や知恵」が得られるでしょう。多くの方のご参加をお待ちしています!