東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

【会場が変わります!】9月からのモーニングセミナーは、「上野ターミナルホテル」での開催となります。お間違えのないようお越しください!

「潜在意識と倫理の教え」

2016.10.18(火)
2016年10月18日(火)の上野倫理法人会では、川崎市南倫理法人会会長・法人レクチャラー、ハッピーライフ研究所所長の大久保正剛氏をお呼びし、「潜在意識と倫理の教え」についての講話をお聞きいたします。

潜在意識「心の奥深い層にひそんだ意識(大辞林)」


ビジネスを興したり事業を増やしたりするとき、皆さんはまずはどんな分野での候補を考えるでしょうか。たとえ需要があると分かっていても、苦手分野では早期の成功は見込めないかもしれません。そのため、得意分野で上手くビジネスにならないかと考えることが多いのではないでしょうか。

2016年10月9日発行の日経ヴェリタスでは、1面から4面にかけて、「アジア 新VIP旋風」という見出しで始まる特集が組まれています。

ベトナム(Vietnam)、インド(India)、フィリピン(Philipines)という「アジアの新興市場に投資家が引き寄せられる」ことから、「投資チャンスを探」るために現地取材からうかがえる各国の特色などについて紹介されています。

その中のフィリピンでは、「英語を生かす人材大国 中間層膨らむ」として、「都市部を中心に英語が堪能な人材を活用したアウトソーシングの一大拠点」となっているようです。

「英語が堪能な人材」がすでにいるのであれば、これから日本語に堪能な人材を集めるよりも成功できる確率は高くなるのではと共感できます。

ただ、客観的に検討する機会を逃すと、得意ではない分野に手間をかけてしまい、最終的に失敗だったと判断せざるを得ない状況になるかもしれません。

例えば、「クラウド化の波に乗り遅れた」場合、得意分野であるクラウドサービスを提供すべきか、苦手分野ではあるがクラウド化を検討した方がいいのか、それとももっとほかの分野やサービスで顧客に喜んでいただく方法はないかなど、複数の選択肢が考えられそうです。

もしくは、クラウドサービスは自社に合わないと思っていたが、得意分野である◯◯と組み合わせれば主力サービスになりそうだ、といった判断ができれば、「潜在的」な強みをすでに持っていたとも考えられ、ビジネスの幅が広がる可能性もあるでしょう。「仕方なく」始めるよりも、常に潜在的な強みも生かした得意分野でビジネスができないかを考えてみるのも良さそうですね。

さて、来週の大久保正剛氏の「潜在意識と倫理の教え」からは、潜在意識のどんな事例・ご経験をお話しいただけるのか、ぜひ楽しみにお越しください!