東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

「倫理に出会って」

2016.07.05(火)
2016年7月5日(火)の上野倫理法人会では、渋谷区中央副事務長・東京都レクチャラー、フェニックスアドバイザーの神戸敏子氏をお呼びし、「倫理に出会って」についての講話をお聞きいたします。

出会う「偶然に人や動物に会う。ふと目にする。(大辞林)」

ふと目にしてもらえた時に良い反応を期待するなら、それまでの準備が大変重要になりますね。

もうすでにあなたの「良さ」を知っている人になら、一から説明せずともわかってもらえるかもしれませんが、いくらあなたが「良い」ものを持っていたとしても、それを知らない人にとっては、良いか悪いかの評価も難しいでしょう。

そんな「偶然にも」あなたを知ることになった人に上手くアピールできれば、その人からさらに別の「まだあなたを知らない人」への「良さ」の伝達も期待できるかもしれません。

2016年6月26日発行の日経ヴェリタスの「ビジョン」特集は、「農林水産物や食品の輸出額」についてでした。

日本の「昨年の農林水産物・食品の輸出額、過去最高に」なったことから、「新興国の人口増、和食ブームを追い風に新たな輸出産業に育つか」を期待して、1兆円という「政府目標」を前倒しで達成できるよう検討しているようです。

和食を知る機会が増えることで、より和食が広まる可能性が期待できることは、歓迎できる将来だと感じます。

でも、広める側の「日本人」として、和食に対する知識不足が目につくほどとなると、せっかくの機会を逃すことになりかねません。

「聞かれれば答えられるだろう」とぶっつけ本番にチャレンジするよりも、「何でも聞いてください!」と自信を持って言える状況にしておく方が安心です。

もちろん「和食」をきっかけとして、「ふと」自社の「良さ」はきちんと伝わっているだろうかと考えてみるのもいい機会かもしれません。

また、来週の神戸敏子氏の「倫理に出会って」にお越しいただければ、人生や経営について、また新たな視点からの「偶然の出会い」が期待できるでしょう。私たち上野倫理法人会も、みなさまと出会えるのを来週も楽しみにしております!