東京都倫理法人会第1号単会 | 東京都上野倫理法人会 | 経営者モーニングセミナー | 東都地区 台東区 | ブログ

経営者モーニングセミナーは
毎週火曜日7:00から、上野ターミナルホテルにて

平成29年度 東京都上野倫理法人会 倫理経営講演会

2017.02.18(土)
2月18日(土)、ホテルパークサイド上野にて、上野倫理法人会の倫理経営講演会が開催されます。まず第一部では、関東キタック販売 株式会社の小林三石様に「活力朝礼」を披露していただきます。さらに第二部では、一般社団法人倫理研究所 法人局 参事 法人アドバイザーの盛田良次氏を、「『大転換の時代』〜 “新” に挑む〜」とのタイトルでの講演にお呼びしております。

転換「向きを変えること(大辞林)」

今までが順調な経営だったとしても、これからも必ず順調だとは言い切れません。今までの方針を変えなければならない状況は、多々必要になるものと思われます。では、今日の企業の場合、どんな視点で進めば良いのでしょう。その一例として、2017年2月5日発行の日経ヴェリタス「会社分析」では、「エボラブルアジア」が紹介されています。

「航空券予約、新サイトの勝算は」との見出しで、旅行商品販売サイト「AirTrip(エアトリップ)」は「利用者の使いやすさに徹底的にこだわった」との紹介があります。

「これまで」のサイトでは、「ブランド認知が乏しいことから検索サービス会社などに支払う広告費の増加に悩まされてきた」そうです。

そのため、「エアトリップの認知度を高め、広告費を削減できれば利益率は大きく改善する」と分析したことが紹介されています。「ポイント制度」で「顧客が定着して直接サイトを訪問するようになれば、広告費は大きく減る」ことを狙い、実際に「利益率は8割改善する」ようです。

新しいことを始める時は、手間がかかったり成功の確証もなかったりすることから、できればやらずに済めば……と考えがちではありますね。

とは言え、現在の方向に間違いがあったり、現状にそぐわなくなったりしているのであれば、それを見て見ぬ振りをして突き進むことほど「手間がかかる」ことはないと考えられます。

「昔はコレが人気だった」「以前はこの方法が一番と言われていた」といったことは多いと思われます。ですが、「今」はその流行は廃れてしまっているかもしれません。もっと便利な方法が生まれているかもしれません。

例えば、時流の「向き」が変わった時をきっかけに、自社の「向き」はこのままで良いのか、方向転換した方が良いとは言えないか? などと考えてみることで、お客様の要望を取りこぼしていないだろうか? と気づくことができたとしたら、その “立ち止まり” も「無駄」ではないはずだと思われます。

また、同業他社と同じ方法を採用するのが最適だとも言い切れません。自社が先立って新しい方法を確立させられれば、「これまで」と同じように「一番」でいられる可能性は高くなるでしょう。

あくまでもお客様・相手のためにと速やかに「向き」を変えてみることで、いずれは自分・自社の利益につながる良い循環が生まれればと思うところです。

さて、その「向き」について、また「新」しいことを始めることについて、大変参考になる講演会の日にちが迫ってまいりました。ぜひ上野倫理法人会の倫理経営講演会で、「転換」と「新」について、学んでみませんか?

多くの方のご参加を、会場でお待ちしております!

ご参加のお問い合わせ・お申し込みは 上野倫理法人会 会長・長谷部信道まで、お待ちしております!

2017年2月18日(土)14 : 00 〜 15 : 40

会場:ホテルパークサイド上野
〒110-0005 東京都台東区上野2-11-18

ご参加費:2,000円

タイムスケジュール

13 : 30 受付開始
14 : 00〜15 : 40 倫理経営講演会
16 : 30〜18 : 00 懇親会(ご参加費別途 : 2,000円、場所は当日に別途ご案内いたします)